お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

『グッとラック!』出演たかまつなな、橋下徹に完全敗北…アリエナイ言い分に視聴者「見苦しい」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

先月末から橋下徹元大阪府知事が出演している「グッとラック!」(TBS系)で12日、YouTuberとしても活躍するタレントを招いて、大論争が繰り広げられました。

しかし、番組を観ていた視聴者からは「一方的」との指摘が。

「議論になっていない」と多くのため息が聞かれた、その論争の内容とは?

ad
スポンサーリンク

たかまつなな、「グッとラック!」で橋下徹と対決…アリエナイ前提にスタジオを苦笑い

12日午前放送の「グッとラック!」(TBS系)の冒頭で現在、波紋を呼んでいる日本学術会議問題が取り上げられ大論争に発展しました。

この日、スタジオに登場したのは先月末からレギュラーコメンテーターに着任にした元大阪府知事・橋下徹氏と、時事YouTuberとして活動するタレント・たかまつななさん。

菅義偉首相が6人の学者を日本学術会議の任命から外したことが発端となったこの問題、橋下氏は首相が学者を「任命拒否してもよい」、たかまつさんは「拒否してはならない」と真っ向から意見がぶつかり合ったのです。

「学問の自由を脅かす、許しがたい行為」と怒りをあらわにするたかまつさんに対し、日本学術会議の歴史を持ち出して首相任命の正当性を説く橋下氏は、「任命権」の中に拒否する権利も含むと説明。

次第に橋下氏が答弁する時間が長くなり、たかまつさんの旗色が悪くなっていくことに。

そして「活動家のような学者がいても、任命拒否してはいけないのか?」と番組MCの立川志らくさんから質問が及ぶと、「学者のトップクラスの人たちなのだから、自分の政治信条に基づく恥ずかしい行動は取ることはない」という主張をし、「学者を絶対視しすぎ」と橋下氏から呆れた声が上がり、1時間にわたった議論ではことごとく橋下氏に丸め込まれてしまったのでした。

 

スポンサーリンク

たかまつなな、SNSで不名誉なトレンド入り…視聴者あ然「見苦しい」

橋下徹氏との議論で不発に終わってしまったたかまつななさん。

視聴者からは、テレビで上手く主張できずに終わったたかまつさんに対し、厳しい意見が。

「学者が間違えを犯さない前提なのが、そもそもおかしい」

「頭花畑か?見苦しいわ」

「橋下さんを議論するレベルにない」

など、批判が相次ぎ、一時「時事YouTuber」、「たかまつなな」というワードがSNSのトレンド入りする事態に。

以前、お嬢様キャラのお笑い芸人としてテレビに出演していたたかまつななさん。

時事YouTuberとしてテレビ出演は、手痛い洗礼を受ける形で終わってしまいました。

(文:有馬翔平)