中谷美紀の直筆結婚コメントが達筆すぎ!英語とフランス語の勉強法は独学だった!

スポンサーリンク
俳優

出典:テレビ東京

中谷美紀さんは”大和撫子”として男性から人気の高かった女優です。

昨年にドイツ人の男性と結婚しましたがその時の直筆のコメントが達筆すぎると話題になりました。

なぜ中谷さんは達筆でコメントを書いたのでしょうか。

この記事では中谷さんの結婚相手や直筆のコメントの情報、そして語学力が堪能なわけについてまとめています。

スポンサーリンク

中谷美紀のプロフィール

まずは中谷美紀さんのプロフィールを見てみましょう。

「中谷美紀」の画像検索結果

出典:AERA.dot

名前:中谷美紀(なかたに みき)

生年月日:1976年1月12日

出身地:東京都

身長:160cm

血液型:A型

所属事務所:ジーアールプロモーション

代表作:映画「リング」、「電車男」、ドラマ「JIN-仁-」ほか

中谷さんは志村けんさんなどを輩出した街として知られる東京都東村山市で生まれました。実家は八百屋を営み4人兄弟の長女として育ちました。

中谷さんが芸能界に入るきっかけは中学3年生、15歳の時にスカウトを受けたことでした。そこから芸能活動を始めます。

今でこそ大和撫子な女優として知られる中谷さんですがデビュー当時はアイドルとして活動していました。2年ほどアイドル活動を続けるとドラマ「ひとつ屋根の下」で女優としてのキャリアをスタートさせました。

そして1998年に公開されたホラー映画「リング」で脚光を浴び、以降はドラマ「ケイゾク」でドラマ初主演。映画「電車男」、「嫌われ松子の一生」など数々の話題作に出演しています。

女優として一時代を築いた中谷さんですが、女優業の他にも1996年に音楽家の坂本龍一さんとタッグを組みシングルを発売したり、海外旅行好きからエッセイ集を出したりと幅広く活動されてます。

 

スポンサーリンク

中谷美紀の語学力がすごい!英語とフランス語はどこで覚えた?

海外の映画賞も複数受賞して女優としての地位も高めている中谷美紀さん。海外でも演技力が高く評価されていますがその語学力にも賞賛が集まっています。

下記動画は映画「嫌われ松子の一生」がアジア映画祭で優秀賞を受賞した時、中谷さんが見せた英語のスピーチです。

とても流暢に英語を話されています。

中谷さんが英語を勉強したのはいつだったのでしょうか。中谷さんの学歴を振り返ってみると高校は代々木高等学校という芸能活動と学業を両立できる学校に通っており、その後大学には進学せずに赤堀栄養専門学校に進学しています。そのため学歴を見ると中谷さんは学生時代に英語を身につけた可能性は低いと思われます。

ではどこで身につけたのかというとそれは海外旅行でしょう。中谷さんは無類の旅行好きでその過程で英語教室や自主的に勉強に取り組み語学を身につけました。インドに足を運んだ際はインド旅行に関するエッセイを2006年に発売し、全4巻も執筆しました。

また中谷さんが得意なのは英語だけではありません。発音が難しいとされるフランス語も話すことができるのです。

フランス語は子音が多く発音は世界でも比較的難しい言語とだとされています。

動画の中ではフランス語を公用語に持つベルギーに出かけているようですが現地の人とも会話できるほど流暢で自然に話されていました。

中谷さんはフランス語も自主勉強で獲得しました。夏になるとフランスでマンションを借りて生活をしていた中谷さん。その時にフランス語を習得しました。そのためフランスに友人が多くいるそうです。

ほかにもイタリア語やドイツ語などいくつもの言語を中谷さんは話すことができると言われています。もしかしたらハリウッド女優など海外での活動を計画しているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

中谷美紀が結婚!直筆のコメントが話題に!

語学が堪能な中谷美紀さんさん。2018年にドイツ人の男性と結婚しました。

演技派女優の中谷美紀(42)が結婚したことが分かった。お相手は、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏(50)。

中谷は2016年10月に来日したフェヒナー氏と知り合い、その後、交際に発展。挙式・披露宴は行わないという。

出典:日刊ゲンダイ

世界的指揮者であったカラヤンが創立したアカデミーで音楽を勉強し、数々の名だたる楽団に所属していたフェヒナーさん。

「ティロ・フェヒナー」の画像検索結果

出典:久美子ちゃんねる

50歳を過ぎているようですがとてもダンディでイケメンな方です。

2人に出会いは2016年。同年に小澤征爾さんが指揮を担当したサントリーホール30周年記念のコンサートがきっかけでした。そのコンサートにウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に出演の依頼があり楽団と帯同してフェヒナーさんは来日しました。

その際に共通の知人を通してフェヒナーさんと中谷さんは出会いました。アプローチを仕掛けたのは意外にも中谷さんの方だったようです。中谷さんの好きな芸術家ということもありますがやはりその渋い外見に心を射抜かれました。

間もなく中谷さんとフェヒナーさんは交際を開始してゴールインしました。

男性ファンも多かった中谷さん。結婚の報道がされた時は残念がる声も少なくはありませんでした。しかしそれ以上に注目を集めたのが中谷さんが報道各社に送った直筆のコメントです。

「中谷美紀 結婚」の画像検索結果

出典:朝日新聞

まるで江戸時代の武士のように達筆な文章に中谷さんの結婚を報じたテレビニュースのアナウンサーも”読めない”と困惑してしまいました。

文化を誰よりも大事にしている中谷さん。おそらく夫となったフェヒナーさんもそのような芸術と向き合う姿勢に惹かれたのではないでしょうか。

さらにこの達筆なコメントには奥ゆかしい気遣いが隠されていました。文中にある”私”という言葉に注目してみてください。他の文字と比べると”私”という文字だけ右隅に小さく書かれています。これは自分を謙遜する意味で手紙のマナーとしても使われているようです。

普段使われないようなマナーを知っているところも中谷さんの魅力なのでしょう。

 

スポンサーリンク

中谷美紀が整形した?しわが消えた真相!

中谷美紀さんは奥ゆかしい和風美人として男性に人気がありました。しかし艶やかだった容姿も現在は”怖い”という印象を指摘されています。それはなぜでしょうか。

理由としては中谷さんが美容整形に手を出したからだと囁かれています。

出典:ENTAMIX

上記の画像をご覧ください。中谷さんに鼻筋の横にくぼみができていることが見てとれます。これは整形シワと呼ばれるものです。

整形シワはヒアルロン酸やボトックス注射など皺をなくす手術や、ほかにプロテーゼと呼ばれる人工軟骨を埋め込んだ際にほかの皮膚が引っ張られてしまうことを言います。

おそらく中谷さんはしわをなくす何らかの手術をしているのでしょう。ただその結果、目や頬など他の皮膚が引っ張られてしまい怖い印象を与えてしまったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

中谷美紀が若く見えるのは髪型?ショートでクールさアップ!

中谷美紀さんはシワ対策で美容整形手術をしていてもほか鼻筋を高くしたり瞼を切開したりという外見の印象がまるごと変わってしまうような手術はしておりません。

それでもデビューから変わらない中谷さんの美しさの秘訣とは何なのでしょうか。それは中谷さんの髪型に秘訣があります。

中谷さんは長らく艶やかなロングヘアというスタイルを貫いてきました。

「中谷美紀 ロング」の画像検索結果

出典:ORICON NEWS

しかし2007年、突如美しい髪をバッサリとカットしてベリーショートにしてしまいます。

「中谷美紀 ベリーショート」の画像検索結果

出典:SCRAP

髪をカットした理由は役作りのためでした。WOWOWで放送されたドラマ「片想い」で性同一障害である女性を演じるにあたって男性の雰囲気を醸し出すために髪の毛をカットしたです。

それから中谷さんはショートのヘアスタイルを保っています。

40代を過ぎてショートヘアにされている人は中谷さんの他にも吉瀬美智子さんや米倉涼子さん、50歳になった石田ゆり子さんなどがいらっしゃいますがどの方も実年齢よりも若く見られます。

若く見られる理由はやはりショートのヘアスタイルにしたことでクールさが増し、エネルギッシュなイメージが倍増するからなのでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで中谷美紀さんについてまとめてきました。

中谷さんは英語やフランス語、ほかにもドイツ語とイタリア語など語学が堪能ですが海外旅行という趣味から語学教室と独学で身につけたものでした。

また昨年結婚した夫もドイツ人の男性でした。

芸術に興味がある中谷さんが結婚した夫はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に所属している世界屈指のヴィオラ奏者でもあります。

報道各社に提出した直筆のコメントは非常に達筆で細かいところまでマナーが気遣われており、文化を重んじる中谷さんらしいコメントになっていました。

現在は住居を欧州のオーストリアに移している中谷さん。2020年の冬ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演が決まっていますが国際結婚をして演技がどのように変化したのか、必見でございます。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました