西川貴教の彼女は伊藤紗冶子で結婚間近か?筋肉の秘訣は食事で、豆腐を食べているから

スポンサーリンク
歌手

出典:毎日新聞

長年にわたって日本のロック界を牽引し続けている西川貴教さん。

若い頃から変わらない見た目は筋力トレーニングと食事に秘密がありました。

この記事では西川さんの肉体美の画像や食事の秘密、現在の彼女の母と仲が悪い真相についてまとめています。

スポンサーリンク

西川貴教さんのプロフィール

出典:オリコンミュージック

氏名:西川貴教(にしかわ たかのり)

生年月日:1970年9月19日

出身地:滋賀県彦根市

身長:161cm

血液型:A型

ニックネーム:アニキ

趣味:アニメ鑑賞、テレビゲーム

所属事務所:ディーゼルコーポレーション

今や、日本を代表するボーカル西川貴教さんですが、ご両親、妹2人の5人家族の長男として育ちます。小学生時代は剣道を習い、中学ではハンドボール部に所属していました。

音楽に興味を持ち始めたのは、中学生の頃でした。文化祭でコピーバンドのボーカルとして初めてステージに立ち、その後バンド活動に明け暮れます。高校を中退し大阪の音楽専門学校へ進学後、そこで知り合ったメンバーと「Luis-Mary」を結成し1991年メジャーデビューを果たしますが、2年後に解散しています。

その後1995年「T.M.Revolution」として活動を再開し、NHK紅白歌合戦などにも出演するほどの大人気を誇りました。

「T.M.Revolution」とは”西川貴教が革命を起こす”という意味が込められているそうです。

また、西川貴教名義でも多くのゲームやアニメの主題歌やエンデイング曲を歌っており、声優としても活躍しています。

西川さんといえば、たくましい筋肉が印象的でしょう。筋トレを始めたきっかけは、ライブで倒れないようにするためでしたが、今では3つのスポールジムに通い、体脂肪率も9%を維持しているます。また食事制限もしており、一日一食のみというストイックな生活をしているそうです。大胸筋に色々なペンを挟み、SNSに数々の写真をアップしています。

その他、2001年にファッションブランド「DEFROCK」の立ち上げも行い、自らデザインや企画を務めています。

また阪神タイガースのファンであり、いちごに練乳をたっぷりかけて食べるのが好き出そうです。

 

スポンサーリンク

西川貴教はアラフィフでムキムキの体!秘訣は豆腐にある?

西川貴教さんは来年2020年で50歳を迎える中年男性に分類されますが、現在でも女性人気が衰える様子がありません。というのも西川さんは常日頃からジムで筋力トレーニングに精を出しており同年代の男性と比べると体力も見た目も実年齢より若く保っているためだろうと思われます。

西川さんは週に3回、2時間のトレーニングに精を出しておりその成果を示すために写真集を発売していました。

「西川貴教 筋肉」の画像検索結果

出典:ORICON NEWS

「西川貴教 筋肉」の画像検索結果

出典:ORICON NEWS

板チョコのように割れた腹筋、盛り上がった大胸筋、筋張った上腕二頭筋からの僧帽筋。人間は24歳を過ぎると筋肉が付きにくくなっていき50歳近くだと最低限の筋肉を維持することさえも難しい年代です。アラフィフにもかかわらずこの筋肉を維持しているということは相当の努力をされてきたことが伺えます。

西川さんがこの肉体美を手に入れるまでには筋力トレーニングだけでなく食事にも制限をかけているそうで食事は1日1回、メニューも低カロリーのものにするように心がけていました。

中でも毎日食卓に上がるのは豆腐、特に成城石井で購入したもののようです。豆腐は高たんぱくな割には低カロリーで筋力トレーニングをした後にたんぱく質を補充すると同時に体脂肪にも気をつけることのできる万能な食事のため無意識で豆腐を食べるようになったとか。

ちなみにおすすめの食べ方は納豆と一緒に食べる方法で、どちらも体大豆からできた加工品だからこそ相性が抜群にいいと以前ネットニュースのインタビューに応えていました。

 

スポンサーリンク

西川貴教の現在の彼女はアナウンサー?彼女の母親とは仲が悪い?

男らしい肉体美に圧倒的な歌唱力、そして面白いトークとモテる男の条件を満たしている西川貴教さん。ロック界でもトップレベルで恋愛スクープが多い男性としても有名です。

西川さんの過去の恋愛遍歴を遡っていくとまず1999年に当時人気ユニットだった「PUFFY」の吉村由美さんと結婚します。人気シンガー同士の結婚は世間に驚きを与えましたがそれから3年後に電撃離婚をします。

離婚の理由としてはお互い歌手でそれぞれの考えがあり、その考えの違いから友達に戻ろうという話になったそうです。

それからはモデルや女優など様々な女性と熱愛の噂が囁かれました。特に話題になったのが2010年頃から交際をしていた当時女子大生モデルをしていた菜々緒さんでした。

「菜々緒」の画像検索結果

出典:毎日新聞

当時はまだ無名だった菜々緒さん、西川さんの交際が明るみになると売名行為と炎上する羽目に遭いました。炎上に遭いつつも西川さんと菜々緒さんの交際は3年ほど続きました。しかし最終的に互いの気持ちのすれ違いから破局に至っています。

西川さんと菜々緒さんの交際については”こちらの記事”に掲載していますのでご覧ください。

菜々緒さんと別れてからは特に浮いた話もなかった西川さんでしたが昨年にフリーアナウンサーの伊東紗冶子さんと熱愛スクープが週刊誌によって報じられました。

西川の熱愛を報じたのは、9月26日に配信された『週刊新潮』のWEBサイト。記事には都内の高級焼鳥店から出てくる2人の姿が掲載されており、撮影されたのは9月中旬とかなり最近のようだ。女性は、公称身長161センチの西川よりもかなり背が高く、ヒールを差し引いても170センチはあろうかというかなりのモデル体型。居合わせた客の証言によると、女性は派手な化粧やブランド服で全身を装飾し、アナウンサー時代の清楚なイメージは全く消え去っていたという。

出典:exciteニュース

西川さんのお相手である伊東さんは年の差なんと24歳。近畿大学の2013年度ミスコンの準グランプリにも輝いた経歴のある女性でした。

「伊東紗冶子」の画像検索結果

出典:デイリー

以前からバラエティ番組で再婚願望を吐露していた西川さんだけに今度こそ再婚かと思われました。身長166cm、スレンダーでモデル体型と伊東さんは西川さんのお眼鏡に適っている理想の女性でしたが伊東さんの背後にはとんでもない敵がいたのです。それが伊東さんの母、伊東リヨ子さんでした。

西川さんと伊東さんの交際が報じられると母・リヨ子さんは烈火のごとく怒りだし、その怒りのはけ口に自身が経営している質屋のブログに書き込んだのです。

なんと伊東アナの母親が24日、自身が社長をつとめる会社のブログを更新。「今朝からたくさんのご心配やお叱りのご連絡を受けました。私の次女紗冶子がこのような騒動を起こし大変ご心配ご迷惑おかけしました」と謝罪。「伊東家始まって以来の恥さらしで先祖に対して申し訳ないです」と言い切った。

さらに2人が宿泊したホテルについて「しかもまったくリッチじゃない、、、シティーホテル(笑)情けない。」と嘆いた母。西川については「だいたいこの相手の方、どこの誰だか私は全く知りません」としたうえで「一言の詫びも挨拶もこの雑誌が出た今でさえ一切ありません。社会人として終わっています」と怒りをあらわにしたのだ。

出典:Livedoorニュース

ブログ掲載直後、あまりの暴言ぶりに西川さんのファンが突撃してブログは炎上状態に陥りました。現在は削除まで追い込まれていますがなぜリヨ子さんはこんなにも高飛車な態度が取れたのでしょうか。

リヨ子さんが経営している会社”株式会社伊藤商事”は江戸時代から続く老舗の質屋で売上こそ掲載していなかったもののその口調やホームページの謳い文句から相当の収入を得てハイソな生活を嗜んでいるのだと推測できます。その自信から西川さんを攻撃したのでしょう。

2019年10月現在も西川さんと伊東さんは交際を続けていると思われますが、リヨ子さんのブログを見る限り西川さんは出てこないので未だに仲の悪い状況が続いていると見られます。

 

スポンサーリンク

西川貴教の止まない地元愛がすごい!滋賀県への貢献の数々!

プライベートでは交際相手の母との間に溝ができてい西川貴教さん。ただ有名人としては社会に大きな貢献を果たしています。

西川さんの出身は関西、滋賀県の野洲市です。滋賀県はこれまで琵琶湖しか見るところがないとして名だたる観光地が乱立する関西地域では目立たない県でした。

次第に知名度を失っていく地元に危機感を覚えた西川さんは2007年に”滋賀県でロックフェスを開こう”と一大プロジェクトを提案します。そこから生まれたのが現在では国内でもトップクラスのロックフェスとなった”イナズマロックフェス”です。

イナズマロックフェスは広告代理店ではなく西川さんの事務所が主体となって運営されるもので初めの方は上手くいかないことも多々あったそうです。

しかし最大級のロックフェスとなった現在では経済効果27憶円。来場者の7割は県外からの人で滋賀県の知名度アップにも貢献しました。全国都道府県魅力度ランキングでは下から数えた方が早かった順位も28位まで向上しています。

さらにはブラックバスなど特定外来生物が繁殖して生態系が崩れる可能性のある琵琶湖を守る活動もしておりニゴロブナという元来琵琶湖に生息していた種の稚魚を寄付する行動も取っていました。

7月1日、歌手の西川貴教(48)がTwitterを更新。西川はびわ湖の固有種である「ニゴロブナ」の稚魚を約40万匹、滋賀県の漁業関係者に寄付したことを報告した。同日は、びわ湖の環境を守る活動を象徴する「びわ湖の日」として制定されている。

ファンからは、《故郷愛素敵です》《西川くんの行動には愛が溢れていて嬉しくなります》《いつも琵琶湖のために活動して下さってありがとうございます》と絶賛の声がよせられた。

西川といえば、滋賀県出身のミュージシャンだ。今回の寄付は、西川が地元・滋賀県で毎年開催する「イナズマロックフェス」の収益の一部をあてたという。フェスのファンからも大きな反響があがった。

出典:女性自身

 

スポンサーリンク

西川貴教の年収は〇万円?慈善事業も懐に余裕があるから?

今でこそ莫大な経済効果を生むイナズマロックフェスでしたが開催当初は利益など上げられることはない、むしろ大赤字が目に見えているという状況でした。しかしなぜ大損になるのが確定している状況でなぜロックフェスを敢行したのでしょうか。

西川貴教さんの年収に注目しました。

西川さんの主な収入はシングル、アルバムを発売して得られるアーティスト印税だと思われます。しかし西川さんは歌手業以外にもタレント業で得られる出演料、自身の経営する会社の役員報酬があります。

手広く収入源があるため西川さんの年収をはかり知ることは困難のように思われましたが以前バラエティ番組で西川さんが富裕層の代名詞である”ブラックカード”よりも上のカードを保有していることを明かしていました。

ブラックカードより上の存在あるのか、存在が不明でしたが調査をするとその存在が確認できました。そのカードは”パラジウムカード”と呼ばれるもののようです。

プラチナの1種で希少金属の名前を冠するそのカードは年会費だけで7万円、さらに入会するためには厳しい資産の審査があるようで36億円以上の資産がなければ入会できません。

西川さんがこの同じカードを所持しているかは不明ですがこれに近い資産を保有していることは間違いないでしょう。となると年収もおそらく数億はあるとみて間違いありません。

豪邸がいくつも建てられるような資産を保有しているからこそ慈善事業にも手を出せるのですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで西川貴教さんについてまとめてきました。

来年で50歳になる西川さんは日々のトレーニングで実年齢よりも若い見た目と体力を手に入れましたがその秘訣は食事にもありました。

その変わらない見た目で様々な女性との噂が後を絶ちませんが現在はフリーアナウンサーの伊東紗冶子さんと交際しているようです。

数年ぶりに俳優、その上朝ドラという大舞台に抜擢された西川さん。2019年は歌声以外に演技力にも注目です。

コメント

テキストのコピーはできません。