井浦新は嫁の父・山本有二と仲が悪い?若い頃はモデルで、パリコレにも参加していた!

スポンサーリンク
俳優

出典:シネマトゥデイ

ドラマ「アンナチュラル」で意地悪な解剖医師を演じた井浦新さん。以降は実力派俳優として様々な作品で活躍しています。

一方プライベートでは2児の父親という一家の大黒柱ですがその奥さんはとある大物政治家の娘さんということが明らかになっています。

この記事では井浦さんの奥さんや義父の情報とパリコレにも出たモデル時代についてまとめています。

スポンサーリンク

井浦新さんのプロフィール

出典:シネマトゥデイ

氏名:井浦新(いうら あらた)

生年月日:1974年9月15日

出身地:東京都日野市

血液型:A型

身長:183cm

所属事務所:テンラカット

井浦新さんの芸能界デビューは、19歳大学生の時です。インディーズブランドのコレクション時に、モデル事務所にスカウトされたことがきっかけです。

当時は「ARATA」という芸名を使用し活動していました。『MEN’S NON-NO』『smart』『asayan』など数々の雑誌に載り、数多く表紙も飾りました。

当初は、モデルとしての活動で、役者の志望はなかったので、戸惑いがあったそうです。

俳優としては、1999年『ワンダフルライフ』で映画の初主演。2002年公開の『ピンポン』では大きく注目を集めました。

「ARATA」という芸名から、現在の本名であり芸能活動で使用している「井浦新」に変更したエピソードがあります。

それは、2012年に公開された映画『11•25自決の日 三島由紀夫と若者たち』に主演として三島役を演じたときのことです。上演終了後のエンドロールでアルファベット表記で役者の名前が流れることがそぐわないと考えたため、現在の「井浦新」に変更したとされています。

芸能活動と同時に、デザイン活動も積極的に行なっています。1998年の独自のブランド「REVOLVER」をオープンし、2007年「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」として独立しました。

国産にこだわったアイテムや、日本の伝統工芸品を活かしたものづくりを展開しています。井浦新さんのように独創的なかっこいい魅力的なアイテムが満載です。

また、プライベートとしては、結婚もされていて、現在2児の父親という一面も持っています。

 

スポンサーリンク

井浦新の若い頃がかっこいい!パリコレにも参加した経歴も!

モデルとして芸能界に飛び込んだ井浦新さん。身長183cmという長身を活かしてモデル当時は凄まじい人気を誇っていました。

前述の通りMEN’S NON-NOやan・anなどファッション誌の中では有名な雑誌の表紙を幾度となく飾り、他にも東京コレクションといったファッションショーにも参加してきました。

さらにはファッションショー最高峰のパリ・コレクションにも出演し世界からの注目も集めていました。

出典:MOKOnote

「ワンダフルライフ 井浦新」の画像検索結果

出典:CINRA.NET

上記はモデルをしていた頃と俳優として初出演した映画「ワンダフルライフ」の一幕の画像ですがやはりイケメンですね。

鼻が高くどこか日本人離れしたような顔立ちが当時受けたのかもしれません。

現在でこそ実力派俳優としてブレイクしている井浦さんですがモデル活動をしていた頃に自身のファッションブランドを立ちあげています。現在は社名を変え”ELNEST CREATIVE ACTIVITY”という企業になっていますが同企業ではファッション類をはじめアウトドア用品を扱っていました。

井浦さんの趣味が凝縮されたブランドのようです。

 

スポンサーリンク

井浦新の嫁は政治家の娘?義父との仲は悪い?

映画「ピンポン」で脚光を浴びて理想のメガネ男子ランキング1位にもなった井浦新さん。プライベートでは既に結婚をされています。

結婚のきっかけはゴキブリだったそうです。井浦さんと奥さんが同棲をしていた時に2人の足元を大きなゴキブリが這いずり回ったことがあったようです。大の虫嫌いである井浦さんは恐怖から身動きが取れなかったところを、奥さんが一発で仕留めて”強さ”を感じたと証言しています。

そのことから「この人と結婚しよう」と決心して結婚を申し込みました。

何とも奇天烈な惚気話なのですがそのお相手の女性は一般の女性のため顔など情報が明かされていません。ただ女性の父親は自民党に所属し農林水産大臣を歴任した山本有二さんでした。

井浦さんと奥さんの結婚が明らかになったのは山本さんの取材が原因でした。2012年に「突撃永田町」というインタビューを受けた山本さんはその取材の最後で自身の娘と井浦さんが結婚したことを明かしました。

山本さんと井浦さんですが、山本さんは当初俳優をしている井浦さんのことを”気に食わなかった”ようです。ただ小学校の教員をしている井浦さんのご両親から「結婚させてください」と頭を下げられ、真面目な両親の元で育った井浦さんになら娘を任せてもいいという心づもりになりました。

現在では井浦さんの俳優活動も認めており、映画「ピンポン」を観た感想は「いい男じゃないか」だったそうです。

そんな困難を乗り越え結婚した井浦さんと奥さんの間には男の子が誕生しているようで既に小学校に通っている年齢に成長していると見られています。

 

スポンサーリンク

井浦新の趣味は登山!よく登る山は赤城山?

井浦新さんは土偶好きとも知られていますが登山も嗜んでいるようです。

以前自動車の発売イベントに登場した井浦さんは登山への熱い想いを語っていました。

井浦さんは登山も小さいバックで登るようなハイキングに近い登山から岩肌がむき出しになったところを登る本格的な登山をしていると熱弁していました。

趣味の登山については「登る山によってアプローチが違う。岩山になっていくと道具も変わる。山陽にあわせる形となるので岩山だと、登山靴も分厚くて大きな物になる」と熱弁し「スニーカーのようなシューズを履いて、小さなバッグで登るアプローチの仕方もあるので、登る山で道具も変えていく。もう一度登りたい山は群馬県の妙義山。山陽を見ているだけでドキドキして、何度も登ってみたい」と色んな登山の楽しみ方を伝えると記者を圧倒。

出典:ORICON NEWS

井浦さんは仕事終わりに登山に出掛けることも多いそうでその場合は夜通しで登山をしています。

体力的にもかなりきついようですが山頂についてご来光を拝む瞬間の達成感がたまらく爽快だと口にしていますが辛ければ辛いほど後に感じる達成感が思入れが深くなりその経験を仕事に活かしているのかもしれません。

また井浦さんがよく登る山については仕事終わりでも行ける距離にある栃木県や群馬県の山だそうです。自身で経営する会社でもランタンや防水使用の時計を販売していることからも大のアウトドア好きが伺えます。参加した自動車のイベントではラグジュアリー感について感想を述べていることからも自動車でキャンプのできるオートキャンプ場に足を運んでいるのではないでしょうか。

群馬県と栃木県の山でオートキャンプ場があるところと言えば群馬県にある赤城山です。赤城山には”赤城山オートキャンプ場”というキャンプ場があります。

「赤城山オートキャンプ場」の画像検索結果

出典:CAMPOOH

井浦さんはこの赤城山オートキャンプ場でキャンプと登山を楽しんでいるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

井浦新の年収は〇万円?高収入で趣味も充実か?

登山やキャンプといったアウトドアが趣味の井浦新さんですが、アウトドアは非常にお金のかかる趣味であることはご存知でしょうか。

登山なら身につける服装は高級スーツ並みに値を張るものもありますし、キャンプもテントの平均価格が5万円ほどと道具一式そろえようと思うと莫大なお金がかかります。

では井浦さんはその趣味に欠かせない金額をどこから捻出しているのでしょうか。井浦さんの年収を見てみましょう。

井浦さんは2019年だけで見ると映画5本、ドラマ3本に出演しています。

出演料の相場が映画1本300万円、ドラマが1話100万円だと言われていますがこの数字を基に計算してみると井浦さんの出演料総額は4500万円だと推測できました。

ここから所属事務所が5割マージンとして持っていくとすると井浦さんの年収は2250万円あると思われます。

つまり井浦さんはサラリーマンの平均年収4倍の収入を手にしておそらくお小遣いか何かで趣味の道具を揃えているのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで井浦新さんについてまとめてきました。

井浦さんは当初モデルとして活躍しておりパリコレクションなど世界からも注目を集めていましたが2000年代を過ぎた頃に俳優に専念するようになりました。

家庭では2児の父親でもあり、元農林水産大臣・山本有二さんの娘さんと結婚しています。俳優の井浦さんを認めていなかった山本さんですが現在では井浦さんのことを自慢の息子のように感じているようです。

映画にドラマと俳優業界を縦横無尽に駆け回っている井浦さん。今後ともその演技に注目です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました