大島優子は今現在、炎上から逃れるためネパールへ!留学の経緯とハーフの真相についても!

スポンサーリンク
アイドル

出典:JCASTニュース

かつてAKB48のメンバーで黄金期を支えた大島優子さん。2014年にAKB48 を卒業すると女優に転向して映画やドラマで活躍しています。

しかし卒業して以降、年を追うごとにその出演数は減っています。

現在、大島さんはどのような活動をしているのでしょうか。

この記事では大島さんのハーフという噂を家族の情報から検証し、さらに現在の活動や容姿が変わったという真相についてまとめました。

スポンサーリンク

大島優子のプロフィール

「大島優子」の画像検索結果

出典:Yahoo!ニュース

名前:大島優子(おおしま ゆうこ)

生年月日:1988年10月17日

出身地:栃木県壬生町

身長:152cm

血液型:B型

代表作:ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」、映画「闇金ウシジマくん」

所属事務所:太田プロダクション

幼少期のころから母に勧められて劇団に所属していた大島優子さん。

子役として活躍していましたが2000年にロックバンドTHE ALFEEのギタリストである高見沢俊彦さんがプロデュースした”Doll’s Vox”というアイドルユニットに所属していました。大島さんのアイドルとしての由来はここから始まります。

Doll’s Voxには大島さん以外に”アイドリング!!!”の初期メンバーである横山ルリカさんなどが在籍しておりメンバーはその後各方面で活躍していました。大島さんも2006年にAKB48 の第二期追加メンバーオーディションに参加して見事合格を勝ち取っています。

AKB48では後に神7呼ばれるAKB48の黄金期を支えたメンバーの1人に数えられ、2010年前後は同じく元メンバーの前田敦子さんと人気投票1位、2位を争うメンバーとなっていました。

2010年に行われた17thシングル総選挙で初めて1位に輝くとその17枚目のシングル「ヘビーローテーション」でセンターを務め初動売上が50万枚という快挙を成し遂げました。

その後も人気が衰えることはありませんでしたが2013年に突如AKB48からの卒業を発表、翌年6月に行われた卒業公演を以ってアイドルを卒業しました。

以降は女優に転身してドラマや映画、テレビCMに多数出演しています。

 

スポンサーリンク

大島優子はハーフタレントだった!母親が○○人!

アイドルとして絶大な人気を誇り一時代を築いた大島優子さん。しかしその整った容姿には日本人以外の要素も入っていたということをご存知でしたか?

昨今日本人と日本以外の両親との間に生まれて活躍するハーフタレントは珍しくなくなりました。大島さんもそのハーフタレントの1人であることが判明しています。

大島さんは日本人の父と米韓ハーフである母の間に生まれました。つまり大島さんには半分が日本の血、そして4分の1ずつアメリカと韓国の血が流れているそうです。そのため厳密に言えばクォータータレントということになるでしょう。

出典:ririニュース

小さいものではありますが大島さんの母親の写真を発見しました。

米韓のハーフという割には東洋人の顔立ちが強い気がします。

大島さんも日本人以外の国の血が流れているようには見えず、クォーターであることを明かした時には非常に驚きの声が上がりました。

 

スポンサーリンク

大島優子のアメリカ留学は炎上から逃れるため?ネパールへの噂は?

クォータータレントであることが明らかになった大島優子さんですが、祖父母が住むアメリカへ2017年に留学をしています。

所属している太田プロダクションの発表ではアメリカへは語学留学かつエンターテインメントを学ぶためのものだったようです。実際2018年10月に帰国してから楽屋で英語を使って電話をするなど語学が堪能になったと言われています。

しかし女優として地道な活動をしていた中での突如として沸き起こった留学だけに世間では何か”裏”があるのではないかと囁かれていました。

その噂の中には薬物を使用して逮捕を免れるために海外へ行き潜伏を図った……という根も葉もない噂もありましたが、ただ留学の直前にとあることで大島さんが炎上状態になっていたことが明らかになりました。

その発端となったのが2017年に行われたAKBグループのメンバー総選挙でした。この年の総選挙ではある事件が起きています。それが元NMB48のメンバーであった須藤凜々花さんの”壇上結婚宣言”です。

須藤さんは選抜総選挙で3万強の票を獲得して20位にランクインしました。しかしその喜びのコメント読み上げている最中に一般の男性と結婚することを高らかに宣言したのです。

AKBグループでは恋愛禁止の掟があることで有名ですが、恋愛を飛び越え結婚を宣言した前代未聞の出来事に賛否両論が巻き起こります。

もちろん賛否両論を口にするのはメディアだったりファンだったりもしましたがメンバーの中でも須藤さんのやり方に疑問を呈するメンバーがいました。

大島さんも当時は既にAKBグループを卒業している立場でしたがInstagramでライブ配信を行い”F〇CK”と相手を罵る言葉が刺しゅうされた帽子を被り須藤さんを糾弾しました。

厳しいルールを敷いてAKB48を人気アイドルグループに押し上げた大島さんの気持ちを考えると当然のことだと思います。ですが世間からの反応は逆に大島さんを批判するものでした。

著名人からも「品がない」「不快だ」「いじめ」と非難を受け炎上状態に陥り大島さんは謝罪へ追い込まれました。

ただ事態はこれだけに収まらず留学を決定づけた背景には大手出版社である”幻冬舎”の社長である見城徹さんが関係していると言われています。

見城さんは須藤さんの大ファンであり2016年に須藤さんが本を出版した時は見城社長自身が企画を担ったようです。そのため推しメンである須藤さんを批判された見城さんは大激怒。大物逆鱗に触れたため大島さんは留学という島流しにあったという見方がされています。

こうして突如として語学留学に大島さんは旅立っていきました。

大島優子はなぜネパールへの留学が噂されたのか?

大島優子さんは実際にはアメリカにご留学されていたのですが、ネット上ではネパールに留学?という憶測が広まっておりました。

この真相なのですが、2018年3月に放送されたフジテレビ系列のバラエティ番組大島優子の旅シリーズ企画第3弾において「大島優子ネパールに行きたい! 天空のヒマラヤと野生の楽園を巡る」という番組が放送されたことにより、視聴者の方がネパール留学→炎上からの逃亡?と勘違いしたと言われております。

出典:ネパールにハマール!

出典:Twitter

スポンサーリンク

大島優子、現在の仕事がない?消える寸前?

2018年10月、噂の”おつとめ”を終え大島優子さんは帰国しました。

しかしそれからというものはあまり大島さんの姿をみかけることは亡くなってしまいました。

現在、大島さんはまだ女優として活動を続けています。2019年初頭には舞台「罪と罰」に出演、今月30日から放送開始の連続テレビ小説「スカーレット」にも出演が決まっていますが全盛期に頃に比べると女優としての仕事は激減しています。

理由はやはり2017年の炎上が尾を引いているからなのでしょうか。そうとも考えられましたが実情は異なっているようです。

大島さんは子役時代から演技の稽古をしてきましたが子役上がりの女優は独特の”クセ”を持っているようでこのクセが大島さんの方向性を邪魔していると映画関係者は口にしています。

「年齢を重ねるにつれ、オファーが減っている。子役上がりなので、演技にある程度のクセがある。若いうちはそれで良かったが、年齢を重ねるとそれではダメ。その一方ですでに女優としての“伸びしろ”はないので、女優として生き残るには自分を変える努力が必要なようだ」(映画業界関係者)

出典:exciteニュース

2016年以降は映画の仕事もなくテレビCMも減り女優どころか芸能人としての命が危ぶまれる大島さん、ここから再起を図ることはできるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで大島優子さんについてまとめてきました。

大島さんは日本人の父と米韓のハーフである母の間に生まれ整った容姿でAKB48の黄金期を作り牽引してきました。

2013年のグループ卒業後は女優となりましたが2017年に突然のアメリカ留学をします。語学留学だったようですがその裏では須藤凜々花さんを批判したことに対する炎上の島流しであった可能性も囁かれていました。

その影響か現在も仕事は少なく、これからどう再起していくのかが注目されます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました