福田麻由子は現在、死傷事件に巻き込まれていた?立教大学文学部に所属していた噂も!

スポンサーリンク
俳優

出典:クランクイン

「女王の教室」や「白夜行」などで子役として活躍していた女優の福田麻由子さん。

現在は成人して妊婦の役を演じるなど大人になった姿に世間からは驚きの声が上がっています。

この記事では福田さんの現在の画像や死傷事件に巻き込まれた噂、そして通っていた大学の情報についてまとめました。

スポンサーリンク

福田麻由子のプロフィール

「福田麻由子」の画像検索結果

出典:Twitter

名前:福田麻由子(ふくだ まゆこ)

生年月日:1994年8月4日

出身地:東京都

身長:161cm

血液型:B型

代表作:ドラマ「女王の教室」「白夜行」、映画「Littele DJ~小さな恋の物語」

所属事務所:フラーム

福田さんは1990年代に活動していたバンド「カステラ」でドラムを担当していた福田健治さんの娘として誕生します。

芸能界に入ったのは1998年。幼い頃から歌やダンスに興味を持っていた福田さんは両方とも勉強できるという理由で東京児童劇団に入団します。そして同年末に放送されたケンタッキー・フライド・チキンのCMに出演しました。

当時まだ4歳でしたがめきめきと女優の頭角を現しはじめ2000年代は立て続けに映画とドラマの出演が決まります。

そして2005年に現在所属しているフラームに移籍をしますが、この年に放映されたドラマ「女王の教室」では成績で生徒を差別する教師に反抗する生徒を演じて話題となりました。

子役として名を馳せた福田さんも2004年に成人を迎え、無邪気な子供の役ではなく1人の女性としての恋愛系の作品に出演することも最近では増えています。

 

スポンサーリンク

福田麻由子は立教大学出身?成績は優秀だった!

ドラマ「女王の教室」でも成績優秀でしっかりした生徒を演じていた福田麻由子さん。

プライベートでも子役時代から成績優秀だったそうです。

中学2年生にしてカントなどの哲学書を読破し、さらに成績表はオール5という秀才ぶりを発揮していました。

そんな福田さんは高校は町田市にある桜美林高校に在籍していたことは明らかになっています。

同校は以前夏の甲子園に初出場にして初優勝した野球部の古豪としてもしられる学校ですが入学偏差値は61もあり、難関大学へ多数の合格者を出している名門高校でもあります。

福田さんも芸能活動を続けながら「見聞を広げたい」という一心で大学進学を決意しました。

気になる進学した大学の情報ですが2016年に大学を卒業したという情報以外は明らかになっていません。

しかしファンの間では東京・池袋にある立教大学での目撃証言があったと囁かれています。

立教大学と言えば東京六大学のうちの1つで入学が難しい難関大学としてもしられた学校です。

福田さんは文学部で創作理論を学んだという情報もあるため立教大学文学部にある文芸・思想専修という学科に入学先を選んだのかもしれません。

ただ大学に入学して成人を迎えた福田さんは今までの子役にはない演技のギャップに戸惑い、芝居ができなくなった時期があったとインタビューで答えています。

全霊でゆかりを演じた福田だが、今に至るまでの10代後半には、子役出身ゆえともいえる“もがき”を経験していた。

「周りの目も、私自身も、変化に戸惑っていました。周囲も私に子役としてのイメージを持っているし、私自身も大人の役者として現場にいることに追いついていない部分があった」

出典:クランクイン

「子どもの頃から、一生この仕事を続けたいと思ってきました。その気持ちがブレたことはないし、ひとつひとつのお芝居を本気でやってきました。だけど、仕事なんだから、ただ役になるだけじゃダメなんじゃないかと考えるようになっていた…。どういう風に見えるのか、お客さんを楽しませるにはどうしたらいいのか。もちろんそうした意識も大切だけれど、そこに縛られてしまった。ちゃんとやらなきゃとがんじがらめになって、芝居自体ができなくなってしまったんです」

出典:クランクイン

子役の経験のある俳優は大成しにくいと言われていますがその原因となるのが子役時代に体に刻み込まれた演技のクセだと言われています。

福田さんはこのクセと共に壁にぶつかり苦悩の日々を過ごしたのかもしれません。

福田さんはその後、自分自身をさらけ出す芝居を見つけこのスランプを脱出しました。

 

スポンサーリンク

福田麻由子が死傷事件に巻き込まれた?

子役時代と違う方法で女優業に臨んでいる福田さん。大学を卒業してからは様々な役柄でドラマなどに出演しています。

しかしそんな中、福田さんが死傷事件に巻き込まれたという噂がインターネット上にありました。

詳細を調べてみると実際に事件が起きた訳ではなく、福田さんドラマ「絶対零度」に出演した時にで通り魔に襲われ心に傷を負った女性を演じていたことが明らかになりました。

ただこの時の内容が非常に凄惨だったため視聴者の間で話題になり、ドラマを観ていなかった人の間で噂が一人歩きしたと思われます。

 

スポンサーリンク

福田麻由子は現在、妊婦の役もこなす女優に!

死傷事件に巻き込まれたという噂が立つほど演技力がある福田麻由子さん。

前述の通り、子役としてのからを打ち破ってからは演技の幅も広がっています。

2017年に放送されたドラマ「コウノトリ」では妊婦の役を演じました。

妊婦役に視聴者からは「あの麻由子ちゃんが?」と驚きの声が上がっていました。やはり世間的には子役のイメージが根強く、女優としては見られていなかったようです。

しかしこの一件から周囲が抱く子役のイメージを打ちこわし女優として大成する軌道にのりました。

今秋には連続テレビ小説「スカーレット」で戸田恵梨香さん演じる主人公の妹を演じる福田さん。一皮も二皮も剥けた福田さんの演技に期待です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで福田麻由子さんについてまとめてきました。

福田さんは「女王の教室」で子役として脚光を浴びると話題作へ続々と出演していました。

しかし大学に進学すると子役としての限界にぶつかり四苦八苦しましたが、その壁を自分自身で打破。

現在では様々な役をこなせるユーティリティーな女優として活躍していました。

今後とも福田さんの活躍に期待です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました